解説顔の歪みエクササイズ

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する

顔の歪みは口もとの筋力の衰えが最大の原因!
自分で意識していないと口もとが自然と緩んでしまう。
これはスマイル美人にはあってはならないことですね。

どんなときでも、口角がキュッと上がっているためには顔全体の表情筋の柔軟運動が重要なのです。

顔の表情は、いくらでも自分で作れるものです。
そして、口もとにはその人の「やる気」「感情」などの内面が表れます。

気を抜いているときでも、キレイに見えるかどうかが美を極めているかどうかのターニングポイントなのです。

ポカンと口が半開きになってしまうフナ口は、堅いものをしっかりと噛まなくなったために起こる、口もと周辺の筋肉低下が原因です。

また、姿勢の悪さも大きな原因だといわれています。
背筋を伸ばせば、必然的に口も締まるものです。

その上で、口角アップを常に心掛けながら
顔体操(ビューティリフティング)のエクササイズを続けることで、
筋肉が、自然と定位置を覚えるでしょう。

誰でも簡単にできる歪みエクササイズでくちびる力をUP!しましょう
2つのエクササイズを1日3回やってみましょう。歪みだけじゃなくたるみにも効果的ですヨッ!

顔の歪みエクササイズ


口角が上がれば、脳内でも笑顔だと捉えて怒りも抑えられます。
口角が上がったまま怒れる人はいませんから、気持ちのコントロールまでも可能となるでしょう。

TOPPAGE  TOP