解説歯周病のチェックは定期的に

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する

歯周病は、顔の歪みを作る原因のひとつです。
歯周病は、痛みもなく進行します。
本人がまったく気づかないこともあるそうです。

歯周病歯や歯茎の周りに詰まった食べものなどは、どうしても日々の歯ミガキではとりきれないため、歯垢になり、
さらに石灰化して歯石になります。

その中に細菌が発生して、歯茎が炎症をおこすのが歯肉炎で、歯周病の初期症状です。

歯茎が赤くなったり、盛り上がったりしますが、人によっては痛みはまったく感じないので、見過ごされがちです。

さらに、歯ぐきや歯を支えている骨などが炎症を起こし、悪化すると組織が破壊され、歯槽膿漏へと進行していきます。最後には歯が抜けてしまいます。

ひどい歯槽膿漏のため、30~40代で歯が半分以下にる人もいるそうです。
歯を失うと、他の生活習慣病にかかりやすくなったり、老化を早める原因になることもわかっています。

歯周病には十分注意したいものです。

歯周病は、自分でセルフチェックすることができます。

口臭がある
歯ぐきが赤い、黒い
歯ぐきが盛り上がっている、腫れている
歯を磨くと歯ぐきから血が出る
歯の間にすき間がある
歯がグラグラする
歯ぐきが下がって、歯が長く見える

以上の項目、ひとつでも思い当たれば、歯周病の恐れありです。

歯周病予防の第一手段は、上手なブラッシングです。
しかし、歯並びは人それぞれ違いますし、歯の形や場所によっては、歯垢を完全に取り除くのがむずかしい場所も多々あります。

やはり定期的に歯科医で診てもらう方が安心です。

とくに、もともと歯が強くて虫歯がないため、歯医者さんに縁遠くなっている人は、歯周病が悪化しても発見が遅れます。

また、若い人でも歯磨きが下手な人は、歯周病にかかりやすいといえます。
年齢とともに歯周病にかかる人は増え、40代では60~70%の人が何らかの症状をもっていると言われています。

一度かかってしまうと、軽度の症状でも、歯医者さんでなければ治療できないので、まずは受診しましょう。

東急ハンズやロフトでも常にオーラルケア部門売上げベスト10にランクインする、口臭予防商品

TOPPAGE  TOP