解説大人のにきびは、肌のトラブルが原因

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する

にきびが大人になってからできると、なぜ厄介なのでしょうか。

10代のにきびの原因はほとんどが過剰な皮脂分泌ですが、30代になってからのにきびは、思春期にできるにきびより厄介なものです。

にきび30代からのにきびは、口の周りからあごやこめかみに出来やすいです。


にきびの原因は、概ね過剰分泌された皮脂によるのですが、大人の場合、皮脂と古い角質が混ざり合って毛穴が詰まってしまうのです。


つまり、皮膚の新陳代謝の低下により、肌の再生機能がうまく働かないため、残った古い角質や化粧品が毛穴に残り、にきびができてしまうのです。

にきびが大人になってできる他の原因には、ストレスや精神疲労、ホルモンバランスの乱れ、さらには食生活の乱れも挙げられます。また婦人科系の病気の人にもできやすいともいわれ、体が冷えやすい人にも、にきびはできやすいようです。

にきびが大人になってからできると、治りにくいだけでなく、跡が残って肌の表面がみかんのようにデコボコになったり、またシミの原因にもなるので、きちんとした対策が必要となります。


ニキビ肌の対処法いろいろ

・早寝、早起き、規則正しい生活を心掛けましょう。
・肌の保湿は十分にしましょう。
・乾燥した空気、紫外線による肌のダメージに注意。
・顔の洗いすぎや洗浄力の強すぎる石鹸は禁物。
・シャンプーやヘアケア剤による皮膚への刺激に注意。
・脂肪分、チョコレート、ケーキ、アルコールの摂りすぎに注意。
・便秘や胃腸障害はきちんと治しましょう。
・ダイエットや働きすぎによる女性ホルモンの低下に注意。
・ビタミンC・B群・E、ミネラル、大豆イソフラボンを十分に摂りましょう。

にきび対策の薬あれこれ

飲み薬
 皮膚科や婦人科では、内服薬も処方してくれます。
 薬物治療は、「皮脂分泌抑制」「炎症のもとになる物質コメド抑制」
 「化膿や炎症を抑制」など目的によって使う薬が違います。
 処方してもらう時にどんな薬かよく理解して、上手に使いましょう。

塗り薬
 外用薬は、ほとんどが化膿や炎症を抑えるために使われます。
 にきびのでき始めにこまめに塗るのが効果的です。

ビタミンC誘導体
 にきびはかつて、アクネ菌のしわざとされてきましたが、
 最近になって、悪玉は活性酸素だと言われます。
 ビタミンCには抗酸化作用、皮脂分泌抑制、コメド発生抑制など
 さまざまな効果があります。

いずれにしても、自分にあった対策、予防策を施すことが大切です。


イオンパック「光フェイシャル」体験キャンペーン

TOPPAGE  TOP