ポイント解説美しい口元とは

point-1口元ブスにならないための美しい口元とは

口元のたるみは鼻の下やあごもたるみます。
口元がだらしなく見える一大原因は歯並びや虫歯など歯のトラブルです。
30代から歯肉の衰えが目立ってきます。歯を磨くと血が出るのは歯周病のサインです。

歯周病になると頬の筋肉もたるんできます。

30代後半から40代にかけて歯の治療において手遅れにならない最後のチャンスです。

歯のトラブルが気になる人は、早めに治療してきちんと治しておきましょう。

そして、常に意識して微笑を作ることが口元を引き締める効果が大です。

口元ブスにならないように日ごろのケアを大切に。

笑顔


1.歯は何より健康第一!

美しい口もとは、歯の健康から。
口もとを美しく保つために、歯の健康を保つことは基本中の基本。

2.歯の色・形・並びで印象力アップ

美しい歯の定義は様々。
まず、歯が顔全体の印象に影響を与えることを認識しよう。

3.歯ぐきはツヤツヤピンク

歯の白さ、美しさを引き立てるのが歯ぐき。
健康面、美容面からもケアは必須。色はピンク。ヘルシーなツヤが必要です。

4.かみ合わせが横顔印象を決める

かみ合わせは、横顔の印象に影響。歯科ドックで点検しましょう!

5.舌が凝っていませんか?

口もと美容の盲点。舌。
スッキリしたフェイスライン。唾液の分泌のためにも美舌を目指そう。


TOPPAGE  TOP